BLOG

スタッフブログ

発表会

こんにちわ!!

アンドホームの北川です。

 

今週の金曜ロードショーはアラジンでしたね。

 

僕はアラジンが放送されていることを知らずに

少林サッカーを見ていました。

アラジンを観なかったことを後悔しています。

しかし少林サッカーは何度見ても面白いですね。

僕は小さい頃サッカーをするとなると必ずキーパーになり

太極拳でボールを止めるふりをしていました。

もちろん止められないんですけどね。

今となってはいい思い出です。

 

 

さて、今週は僕が学んだことをお伝えしようとおもいます。

皆さん「破風板」ってしってますか?

僕は全然知らなかったです。

まず読み方がわからない。なので調べてみました。

するとビックリ!!とても重要なものでした!!

まず読み方ですが「破風板(はふいた)」といいます。

 

家のこの部分のことみたいです。

 

 

 

ではなぜ、破風板が必要なのか?

というところですが、理由は大きく3つあります。

 

1.雨風を防ぐ!

屋根は横や下からの雨や風に弱いという特徴があります。

ですが破風板があることでそれらを防ぐことができ、雨水から屋根裏を守ります。

 

2.雨どいの基礎

雨どいは雨水が壁に直接流れることを防ぐ重要な設備です。

雨水を雨どいに集めることで、外壁塗装の劣化を防ぎます。

つまり、住まいの耐久性を高める役割があるんですね。

 

3.防火

住宅火災は下から上に延焼するのが通常です。

窓から上がった炎が軒に達するのは早いため、破風板によって

屋根裏への火の回りを遅らせる役割があるんです。

 

どうですか?

とっても重要な役割を担ってますよね。

 

またこのように勉強したことをお伝えしようとおもいます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

来週も覗きに来てください。

 

お気軽にご予約ください!

無料相談会
開催中!

間取りの話・お金の話・デザインの話
土地探しの話・家の性能の話を
設計士と話せます。

お電話は
コチラから

073-472-7006

営業時間:10:00〜18:00 定休日:水曜日